全国大学書道学会

お問い合わせ

学会案内

全国大学書道学会規約

第一条

本会は、全国大学書道学会と称し、事務局を常任理事の勤務校内におく。
本会は、会員と準会員によって構成する。

第二条

会員は、国公私立大学・短期大学・附属学校・専門学校の書道担当教員、本会の目的に賛同する者とする。
大学院生は、準会員とする。
なお、大学院在学生、及び本会の目的に賛同して入会を希望するものは、会員の推薦を受け、常任理事会の承認を経なければならない。

第三条

本会は、書道に関する研究の充実と発展につとめ、会員相互の親睦をはかることを目的とする。

第四条

本会は、前条の目的を達成するために、次のことを行う。

  1. 書道に関する研究発表及び学会誌の発行
  2. 書道に関する諸問題の協議
  3. 講演会及び展覧会
  4. 関連する諸機構との連絡及ぴ協力
  5. その他必要と認められたもの

第五条

本会は、毎年一回総会を開く。

第六条

本会には、顧問・参与を置くことができる。

第七条

本会に左の役員を置き、会の運営をはかる。

  1. 会長 一名
  2. 副会長 若干名
  3. 理事長 一名
  4. 常任理事 若干名
  5. 理事(地区担当) 各地区原則二名
  6. 理事(会務担当) 若干名
  7. 監査 二名

会長・副会長は、理事会の推薦により選出する。
理事長・常任理事及び監査は、総会によって選出する。
理事(地区担当)は、各地区から原則二名を選出する。
理事(会務担当)は、必要に応じ、理事長が若干名を指名する。
理事長は、必要に応じ、副理事長(一名)を指名することができる。
役員の任期は二年とする。

第八条

本会の経費は、会費、寄付金その他をもってあてる。

第九条

会員の会費は、年額六OOO円、準会員の会費は、年額五OOO円とする。
ただし、会費未納の場合は、除名することがある。

第十条

本会の会計年度は、四月一日から翌年三月三十一日までとする。

附則

本規約は昭和三十四年六月十二日から施行する。

平成三年十一月 (一部改正)
平成十三年十一月 (一部改正)
平成二十年九月 (一部改正)
平成二十二年十月 (一部改正)

〔会員・準会員に関する内規〕

(1)会費の未納が、三ヶ年に及ぶときは、会員としての資格を失う。
(2)準会員(大学院生)が、大学院生でなくなったときは、準会員としての資格を失う。ただし、届出によって会員として資格を継続することができる。

〔学会誌発行・編集に関する内規〕

(1)学会誌の掲載論文は、投稿された研究論文の中から、学術委員会が査読の上、選考する。
(2)学術委員会は、常任理事会の選出する若干名の委員によって構成する

PAGE TOP